FC2ブログ

calm blueとある日の記憶。

遅らせながら、西宮阪急さん無事に終了いたしました。
足を止めていただいたお客様、お立ち寄りいただいたお客様、ありがとうございました。
2018年の百貨店のイベント終わり、ホッとしております。
感謝です。

今、家人は初めての場所でする展示会、どんな感じに展示しようかっとそのことで頭がいっぱい、
職人は、ゴリゴリ、コツコツ最後の追い込みに入っています。

今回の展示会、calm blueと題して開催させていただきますが、blueの石が多い訳ではありません。
ただ、ある石を見たとき、本当に忘れていた遠い記憶を思い出したので、
そのことがとても印象的で、タイトルにしました。

とても個人的な、日常に起こったささやかな出来事の話です。
ドラマティックでも不思議な話でも、起承転結のある話ではありません。

RIMG0067.jpg
                                            sold

バイカラーのインディコライトトルマリン。
一つの石に2色のブルーが入っています。まるでグラデーションをかけたような感じがします。

インディコライト トルマリンは、希少カラーになるので、いつでもあるような種類の石ではないのですが、
宝飾展なんかに行くと目にすることのある石です。
買い付けの予定には全く入っていなかった石。

ルースとしても大変綺麗で、なおかつバイカラーで希少性もあったんだけど、
それ以上に何か心に突き刺さるような感じで、気になって、購入したもの。



帰りの新幹線の中、この石を眺めてて、12歳のある夏の日を思い出しました。
それは、当時の日常で見た一瞬の時間、
多分、二度と巡り合わない時間と偶然から目にした出来事で、うまく説明できないんだけど、
「この青、知ってる。」そんな感覚的な出来事です。

1月末日、帰りの新幹線で、そんな夏の日のことを昨日のように思い出しながら、
窓の外は、真っ暗、一面が雪で覆われていて、新幹線のスピードもあるからか青白い光を放ってて、
なんだかとても不思議な感覚に。


calm blue 、その時に感じたことを今回タイトルに。

今回、まるでそれに象徴されるかのように、用いた宝石は様々、そして
一つ一つ、製作したジュエリーは持っている雰囲気が違います。


スポンサーサイト