FC2ブログ

ケシパールのリングとピアス。

南洋真珠のケシ珠を買い付けました。

ここで、ケシパールについて。
今は養殖真珠が一般的で、丸い核を母貝に植え付け、綺麗な丸い真珠が作られます。
無核の天然真珠のことを称して、ケシパールと呼びます。
ケシパールは日本語の芥子の実からきた名前。
ケシの実のように小さな真珠ということからケシパールとよびました。
養殖真珠の技術は日本で発明され、世界へ。
それと同時にこのケシパールという呼び名も世界で使われるようになりました。
因みに、真珠は今でも重さはカラットでなく、日本で使われていた「匁」で取引されます。

南洋真珠が養殖されるようになり、ケシの実のように小さくなくても核のない天然真珠は、
ケシパールとよばれています。

ケシパールは、偶然入り込んだ小さな砂粒などを核に母貝が真珠層を巻いたもの。
芯から真珠層なので、その光沢は美しく、形がバロック(変形)のため複雑な輝き方をします。
そして、残念ながらとても希少なものになっています。

IMG_3508.jpg

プルンとした、ちょっといびつな丸っこさ。予定外で欲しくなり、買い付け。

とてもシンプルに。リングとピアスにしました。(テリっテリで、撮影難しかった。)

RIMG9822.jpg
                             リング K18YG・南洋ケシパール

RIMG9815.jpg
                              ピアス K18YG ・PT900 ・南洋ケシパール

ピアスはパールの色でポストを変えてます。

RIMG9812.jpg

一つ一つ個性があるので、ピアスは左右差があります。大きさの感じと色味だけ合わせました。

制作したものは、リング一つを残して、全てお嫁入りしてしまったのですが、
お店にケシパール少し残ってます(本当に少しです。)。ご興味のある方は是非、御覧ください。


スポンサーサイト