FC2ブログ

ミックスカットのダイヤモンドリング。

ミックスカットのナチュラルカラーダイヤモンド。
ルースは3ctアップの大きさ。
このちょっとない大きさのダイヤモンドを際立たせる為、考えたリング。

13ナチュラル4

プラチナと22金のコンビネーションリング。
石を留める爪の部分がプラチナ、上下左右に爪を配し、石座を見せず爪が石を掴んでるような
そんなイメージで。
そして爪部分のみに、さしメッキを施しています。
爪のさきにはクリアーダイヤモンドを留めつけました。

このリングを制作していた時、さしメッキを施す地金部分には、凹凸があると微妙な陰影がつくことが
わかっていたので、この爪には、溝を彫り込んでいます。

小さな爪に綺麗な溝を彫り込むのにタガネがなかなか入らなくって
タガネの刃の部分から考えて制作しました。
気にいった仕上がりになるまで何度もやり直した、今回ちょっと大変だったところ。

13ナチュラル3

石座はルースにあわせて安定させるギリギリの大きさで。あまり目立つ部分ではないのですが、
このような微妙な調整はハンドメイドだからできることの一つです。


13ナチュラル2

ラフカットルースのナチュラルカラーダイヤモンドは、同じ色目、大きさのものをそろえることが、できないため
市販品ではつかわれることがないので、もともと沢山あるものではないのですが、
特に1ctを超えると、その数はとても少なくなってきます。
その為、探していても見つからない時は、なかなか気に入ったものをみつけることができません。

今回のこのダイヤモンド(話せばながくなるので詳細は割愛)まったく予定外のひょんなところから、偶々、
この、ただ一つだけが手に入ったものです。

こういう予定外の出会いからジュエリーを作るのは、もの作りの楽しみの一つでもあります。


スポンサーサイト