FC2ブログ

いよいよ、明日から・・・。

明日から、展示会である。
前日まで仕事もあり、今から準備である。
雑然とした店内で、しばし茫然とする。

本当に明日から?という感じである。

前日1
まずは、掃除から・・・だな。


猫の手でも借りたい・・・・。が

前日2

役に立ちそうにない・・・。
スポンサーサイト

22金の丸線。

去年の展示会にやってみたかったことに、22金の丸線を巻いて作るジュエリーというのがありました。
丸線といってますが、糸に近い感じのものです。


10ー22金2
実際、糸巻きに巻いた状態で保存しています。

10-22金糸
ちょっとした縫い糸より、細いです。

これが、あつかいに難儀しました。
細さは糸か髪の毛くらいなのですが、性質は金属。
糸の様にしなやかではないので、変なひっぱり方をすると、ポキンと折れてしまうのです。
金属(ジュエリー)に金属を巻くため、摩擦やちょっとした引っ掛かりがあると、それだけで
ポキンです。

巻く前にの下処理に気を使い、摩擦で切れないように少しずつ巻いては鑞付け。
ルーペ片手にヘトヘトになってしまいました。

今年はやめようと思ったのですが・・・なんだか負けているような気がしたので、一つだけ作りました。
手強くて、魅力的。うまく使いこなしたい素材の一つです。

DM制作、どの「phaīnomai」?

展示会用に、かなりしっかりしたDMを作成する。
ゴールドスミスの印刷物のデザインをやってくれている、A女史に全ておまかせしている。
いつも、だいたいのイメージを伝えるだけである。

こちらが、ビックリするくらい色んなことを考えてデザインを提案してくれる。

例えばこんな感じ。

10dm1

DMのデザインが決まった後、タイトルの文字の提案。
どのタイトル文字が今回のテーマにあっているかなぁ~?とのこと。

どのロゴも、打ち合わせした時に話したことの色んなイメージをくみとってくれている。
とても迷う。

そして、いつも一生懸命、よいモノを作ろうとしてくれる姿勢に頭の下がるおもい。

決定したのがこちら
10dm2

そうそう、今回のDMちょっとしたミスがある。
裏面の地図、
ゴールドスミスの前の建物が“大阪市役所”になっている。
本当は、“大阪裁判所”である。

印刷した後に気づいた。
構成は何度もチェックしたのに全然気がつかなかった。

「ひぇ~やられた~~」と思う反面、今回のDMの為にわざわざ地図を起こし直してくれたんだなぁ~と、
彼女らしくないようで、彼女らしいこのミスに、クスリと笑ってしまう。


いまいちど訂正。
ゴールドスミスは、大阪裁判所の西門の向かいにあります。


たかが棒、されど棒。

リングなどのジュエリーを作るのに欠かせない道具にリングゲージというものがあります。

これがリングゲージ。
10棒1

このリングゲージは、リングのサイズを計ったり、合わせたりするのに使うことは勿論のこと、
リングを作るときに綺麗な正円を作るための道具でもあります。
リングのデザインが三角だろうが、四角だろうが指にはめる部分(内円)はまん丸でないと
大変、着けごこちの悪いものになります。

このリングゲージという道具は、基本の形を作る為の道具でもあるわけです。


リング以外に、綺麗な丸がいるもの。
それが、ゴールドスミスで作っているピアス金具やフープピアス。

今までは、丸いピアスを作るのに このリングゲージを代用していました。

ここで、問題発生。
今回デザインしたピアス、このリングゲージでは用をなさない、つまり「丸」の大きさが足りないのである。
しかも、丸いピアス用ゲージなんて専門の道具屋にも売ってない。
無理かも・・と、あきらめかけたその時、職人の一言
「金物じゃなくっても、正円でリングゲージと同じような形状のものなら代用できるのでは!!」
よく考えると、そもそもリングゲージ自体が代用である。

そして、友人の助けをかり、紹介してもらった家具職人さんに作って頂いたのが
これである。

10棒2
木製ピアスゲージ。

「なんのこちゃ」の代物を快く引き受け、作っていただいた、I 氏に感謝である。


10棒3

リングゲージよりひとまわり大きく作ってもらう。


これで、綺麗な丸が作れて、思っていたものが作れる。
大切な棒である。

一つのリング。色とりどりのルース。

ルースとの出会い。
一目惚れに近い感じである。
大きなピンク色の石と出会う、綺麗と思う前に何故か「美味しそう」と思ってしまった。

このピンクのルースを真ん中に据えた、一つのリングを作るのに集めたルースたち。

これは、うーん・・・と悩んで使わなかったルース。
10マルチカラー1
脇石としてつかうつもりで、とても悩んで選んだルース。
同じ種類の色でも、一つ一つ微妙に色が違う。

10マルチカラー2

それぞれ色の違う石の付いた爪にセットされて真ん中におさまっているピンクの石。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。