FC2ブログ

展示会 ありがとうございました!

展示会、無事に終えることができました。
ありがとうございます。

小さな店なので、あまりやりようがないのですが、こんな感じで展示。

RIMG8667.jpg

ついでに逆から。
RIMG8659.jpg

お花は、goldsmithご近所のお花屋、Grindelさんで。
今年は、雨が多くお野菜の育ちが悪く、お野菜が高い時期もありましたが、お花も一緒で、
ギリギリまで、悩んで考えてくださいました。
毎年、違うアレンジをジュエリーに合わせて考えてくれてます。感謝!!

RIMG8670.jpg
変わり種のユーカリとグリーン系のトルコ桔梗、落葉です。


今回はギリギリまで製作。
初めて使う宝石も多く、試行錯誤しながら一つ一つの宝石に合わせて製作していきました。

初めて、誰かに身につけていただくジュエリーを見るのは、とても嬉しい気持ちでいっぱいになります。
ここで、初めて客観的になって自分たちの作ったジュエリーを目にします。
とてもドキドキして嬉しくもあり、怖くもあるのですが、
ジュエリーの出来上がりを見るこの瞬間を、とても大切にしています。

この機会を下さる、すべてのお客様に感謝です。

わざわざ、足を運んでいただき、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

DM。のごめんなさい。

毎度のこととなりますが、DM、帰ってきてるものがあります。
(だいぶ減ったんですけど・・毎回やらかしております。)

気をつけているつもりなのですが、
入力ミスもあります。入力をし忘れたり。出し忘れたり・・・etc。
届いていないお客様 本当に申し訳ありません。

GoldSmith_2016.jpg

DMのあるなしにかかわらず、ご覧頂ければ幸いです。

こじんまりした、ささやかな展示会です。どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

尚、展示会中も、普段と同じく、ジュエリーの修理、リフォーム、オーダーを承っております。
  ご遠慮なく、お持ち下さい。


展示会でに製作しているジュエリーのこと。


只今、ゴールドスミス店内はカラッポ。出来上がったジュエリー達はそっと大切にしまわれています。

その出来上がったジュエリー、一言でいうと“個性的”。
一つ一つが「ワタシ1点モノ!!!ホカノ娘ヨリ、キ・レ・イ!」と主張しているような、そんな感じがします。

用いてるルース(宝石)は、色々なところで、買い付けているわけなのですが、買い付け時、ある程度
こういうもの、と目的をもって向かいます。そして、予定外の出会いがあるわけです。

ただ、そんな出会いは度々、幾度もあるものではありません。
今回、その機会がとても多かった。ダイヤモンドも色石も。
探しても中々お目にかかれないカットのものや色目、希少な宝石に出会ったときはドキドキします。
「うわあ〜。どうしよう・・・これは予定外だ・・・」


個性の違う宝石をその個性に合わせて一つ一つ製作。
今回は、そんな展示会です。

1611個性1

そんな展示会まで、後、1週間となりました。

只今もゴリゴリ制作中です。(一つ一つ、時間もかかっています。)

リングの撮影。「凛として佇んでるような・・・」

今回、ゴールドスミスが初めて用いる素材。
ラフカットダイヤモンド。研磨をされる前のダイヤモンドです。

用いたラフカットダイヤモンドは、研磨されてるダイヤモンドに比べるとまばゆい輝きこそははないですが、
美しい透明感、艶、何より一つ一つ異なる個性と“自然のまんまのダイヤモンド”という何とも言えない
力強さを放っています。

リングは、そのラフカットダイヤモンドとポリッシュダイヤモンド(カットされたダイヤモンド)を組み合わせて
製作しました。



で、ブログタイトル。打ち合わせ時、このリングをみたカメラマンN氏の感想です。

凛。

リングのイメージに合わせて感じたまんま撮影してくれるNカメラマン。
今回はリングの影をわざわざ作ってくれています。



因に用いたラフカットダイヤモンドは、ロシア産で、色はアイスブルー。
冷たい美しい湖面のような色に惹かれて、一目惚れしたルースです。
産地のことは、後で知ったのですが・・・。なんからしいですね。

DM。出来上がり。

DMも、出来上がり。
今回も、カメラマンN氏、デザイナーA女史、そして最後の出来上がりを面倒みてくれるH女史とが、
素敵なDMを製作。

今回は、家人はイベント真っただ中。職人はそれどころじゃーないと製作に没頭。
その合間のわずかな打ち合わせで、出来上がったDM。

GoldSmith_2016.jpg



iPhoneの小さな画面で確認。出来上がってきて初めて目にする。
自分のところのDMなんだけど、綺麗!素敵と感動。

N氏、A女史、H女史に感謝!!!