ローズカットダイヤモンドの18金ぴあす。

ローズカットダイヤモンドを用いて、18金のピアスを作りました。
このピアスは地金に火を入れたときに、溶けて出来る「珠」を利用して作ったものです。
2010年につくったもののシリーズのような感じです。

05-3.jpg

2010Yピアス1

これは、2010年に作った『Yピアス』。
溶かして出来た「珠」を石枠にして、ブリリアンカットダイヤモンドをセットしたもの。

今回、(2011年)に作ったのが、

11粒ピアス1
ピアス芯を半円にしたもの。
ローズカットダイヤモンドを留めつけました。

着けた感じがイメージしにくいかと・・・・・。

11粒ピアス2
キャッチをつけるとこんな感じ。
つけるとシンプルです。が、18金ジュエリーではあまりない感じのピアスです。

スポンサーサイト

22金で作ったダイヤモンドのペンダントトップ。

地金に22金を用いてシンプルなダイヤモンドのペンダントトップを作りました。

11スタッズトップ2
                K22YG/プリンセスカットダイヤモンド0,1ct

プリンセスカットダイヤモンドのペンダントトップです。
写真は、キュレットを表にしてスタッズ(鋲)風ですが、リバーシブル(ダイヤモンドの表、裏)どちらでも
その日の気分でお好きなように着けていただけます。

11スタッズトップ1
シンプルですが、ありそうでない感じで着けてもらえます。
プリンセスカット(四角)ダイヤモンドとラウンドカット(丸)ダイヤモンド、
石目の大きさは、0,1カラットと0,15カラットの二つの大きさでそれぞれ製作しました。

ダイヤモンドのスタッズピアス。

ダイヤモンドを逆さまに留めて作ったスタッズ(鋲)ピアスです。

2011スタッズピアス1

プリンセスカット(四角)のダイヤモンドをキュレットが表になるように留めました。
石枠は22金、ピアス芯は18金です。
ダイヤモンドの鋲です。


2011スタッズピアス2
ペアで作りましたが、色んなつけ方があるなと思い・・・・、片方づつでも販売しています。

石枠に22金を使用しているので、実際つけると肌なじみがよく、キュレットを表に出しているので、
石の大きさのわりに、石枠に厚みがないので、ピッタリと耳たぶにおさまります。

男女兼用で考えたデザインです。

ローズカットダイヤモンド。7stonesネックレス。

ローズカットダイヤモンドを用いて、ネックレスを作りました。

2011ダイヤ7-1

7つのダイヤモンドを繋いだペンダントです。
地金はプラチナです。艶消しの加工をしています。

2011ダイヤ7-2
日常のちょっとした動作で、
パーツの一つ一つが動くように繋いでいきました。

2011ダイヤ7-3

ダイヤモンドは、小さな丸い板に爪をおこし留めるという、普段あまりしない留め方で留めています。

プレナイトのリング。

この、プレナイトのルースを見せてもらったのは、2011年の初夏。
ちょっとない、大きさとカット、そして透明感に一目惚れしたルースです。
マスカットの様な色合いでみずみずしい!そんな印象のルース。
22金YGを用いて。


2011プリナイト1
                    プレナイト/K22YG
山高のカボションカット。    

2011プリナイト2
優しい色合いのルースです。

プレナイトは和名を「葡萄石」と言います。
これは、この石がぶどうの房のような塊状で発見されることからその名が付いているのですが、
まるで、この石の色合いをさしているようで・・・・。