FC2ブログ

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

謹賀新年。

ゴールドスミス、本日1月4日より営業となります。


今年もよろしくお願いします。(ブログにログインできず、メチャクチャ焦りました。)


RIMG0479.jpg

そして、本当に遅らせながらですが、展示会ありがとうございました。
初めての場所での展示会、ギリギリまでいろんなことに手間取りましたが、無事に終えました。

今回もお花はグリンデルさんです。

RIMG0485.jpg

RIMG0506.jpg

例年に比べると、暖かな日が多く、お客様という華もあり、とても楽しいひと時でした。
一年に一度ですが、このような時間を持てること、出来立てのジュエリーを誰かが身につける、ドキドキしながらも
ものづくりしている私たちにとって、本当に幸せな時間です。

わざわざご来店いただいたお客様、本当にありがとうございます。


2019年が、素敵な一年になりますように。
今年もしっかり精進して頑張りたいなっと思っております。
どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

DMのごめんなさい。

これも毎回ですが・・・。今回スケジュールがタイト、絶対やってる。
しっかりと確認して、郵送しているつもりなのですが、帰って来ているDMもちらほら、そして届いてないも。
本当に、ごめんなさい。

入力ミス、入力し忘れ・・・etc。気をつけているつもりなのですが・・・。
届いていないお客様、本当に申し訳ありません。

_MG_7515.jpg

こじんまりした、ささやかな展示会です。
DMのあるなしにかかわらず、お時間ありましたら、ご覧頂ければ幸いです。


これも、いつも通りですが、展示会期間中もジュエリーのお修理、リフォーム、オーダーは、通常通り承っております
ので、ご遠慮なく御来店下さい。

そして、今更ですが、ゴールドスミス場所移転しております。以前のお店の向かって右隣ビルの
2Fになります。

展示会まで、後1週間。職人、只今も製作真っただ中です。そして場所が変わりどうやって展示しようと、
試行錯誤の真っただ中。本当にドキドキします。

こんな感じで。

展示会まで、あと10日ほどに・・・。

こんな感じで。

IMG_1248.jpg


ただいまコツコツ、ゴリゴリ製作に励んでいる、1点ものを中心に、タイトルにもなったblue系の色石、そして、
ギラギラなグリッターな色石を(正反対のイメージ!)。
そしてダイヤモンド。
つけ方をそれぞれの個性でお持ちになってるものと、一緒に楽しめるデザインになればと。

そして18金の色石、
IMG_1003.jpg

リング、ペンダントトップ、ピアスなど。こちらも1点ものです。

IMG_1032.jpg

ずっと製作しているTUBUシリーズ。新作つくります。試作は早い段階でできていたんだけど、
あと、10日・・・。間に合いますように!
そして、ケシパール。こちらも製作しています。ちょっと大粒のコロンとしたものが入荷いたしました。


とにかく、時間ギリギリまで、作り続けます。









ジュエリーのオーダー。セカンドマリッジリング。

ジュエリーのオーダーを承りました。

マリッジリングのリフォームです。
お預かりしたのはこちらの2本。

RIMG9846 (1)


RIMG9508.jpg
                              before
長い年月を共にしたリング、
サイズが合わなくなり、
どちらのリングも、変形や、部分的に金属疲労を起こし、切れが入っています。
地金はプラチナです。



元々のリングはそのまま用いて、新しいリングに作り替えをしました。

まず、元のリングを型直しをして、サイズを合わせ出来上がったのがこちら。

RIMG9985.jpg

18金で元のリングを挟むように製作しました。18金とプラチナのコンビネーションリングです。
女性のリングにはダイヤモンドを3石、リング内側にピンクのサファイヤをセットしました。
表面の加工はツヤありで。
消えかかっていた刻印も勿論復元しました。

どうぞ、これからも素敵な年月が重ねられますように。末長くお幸せに!!

ご注文ありがとうございました。



撮影したジュエリーから。パライバトルマリンのこと。

宝石(ルース)の買い付けをするとき、ある程度ですが購入する予定のものを決めていきます。

今回、予定とかそんなこと吹っ飛んでしまうような、出会いがあり。
これは、やられた!という予定に全くない買い付けばかり。これには、ちょっとした理由があります。

端折って言うと、宝飾展の開催される週初めに降った、大雪のおかげ。
これには、とても難儀したんだけど、そんな大雪の偶然から、出会ったルース。

石屋さんの青年とドイツ人の研磨職人さんとの出会い、そして奇妙な偶然の話。
(本当にそんな偶然あるんだという、時間が巡り会うような話です。)
そして、大阪の小さなジュエリー職人のお店が、誰もいないだだっ広い会場で、この石と出逢うことに。

RIMG0360.jpg

パライバ州、サンジョセ・ダ・バターリャ鉱山(オールドマイン)産パライバトルマリンです。
今は採掘されてない鉱山のオールドストックのものになります。
インクルージョンもほとんどなく、何よりパライバでは、ほとんど見ることのないとても贅沢なマーキスカット!
1,3CTアップあります。
石はドイツで研磨されたもの。

ダイヤモンドは、ローズカットを合わせました。
マーキスカットの特性が活かせるように、石枠に工夫があります。
プラチナで製作。


今回、先のインディコライトもそうですが、こんな感じで、買い付けが進んでいきます。
探そうと思っても中々見つからないものが、ひょっこり目の前に現れます。
その度にドキドキした、ときめきの多い買い付けでした。
(それはそれで後で、ちょっと困ったことにもなるんだけど。)